1. 自宅でゆっくり無料試着したい方はこちら
  2. 店舗でウィッグを試着したい方はこちら(八王子店)

自宅またはお店無料試着

Please choose either.

  • 自宅で試せる無料お試し
  • サロンで無料試着

下痢・便秘について

抗がん剤の副作用は本当に辛いものです。
そんな中で意外と辛いのが下痢・便秘です。お薬にもよりますが下痢を引き起こす物と便秘を引き起こす物があります。

続きを見る(クリックで開きます)

原因は消化器系を抗がん剤が攻撃してしまうこと。抗がん剤はがん細胞と正常な細胞を見分けるときにその増殖のスピードの速さによって区別します。従って増殖の速い腸内粘膜の細胞まで傷つけてしまい、水分の吸収がうまくいかないと下痢に、ぜん動運動がよくなくなると便秘になってしまうことがあります。薬によっては急性の下痢を引き起こすものもあります。
尾籠な話ですが、排便がうまくいかないことは意外に体力を奪います。特に下痢は何度もトイレに行くことや脱水症状を引き起こすことなどがあります。従って医師や看護師さんの指示に従ってちゃんと水分を摂取することとお薬を処方してもらってください。
また便秘も治療直後は体内に抗がん剤を長く留める結果となります。このような場合も排便を促すお薬がありますので、早め早めに対処しましょう。
食欲がない中で排便がうまくいかないとますます体力を奪っていくことになります。ぜひ薬を処方してもらってください。

口内炎について

抗がん剤治療を行うと直面しやすい副作用の一つに口内炎があります。
口内炎というと普段の生活でできる軽度なものを想像しがちではありますが、抗がん剤治療の副作用としておきるものは重症化する可能性が高く、放置すると口腔内の組織の壊死や出血などから死にいたる場合も考えられ、決して軽くみることはできません。

続きを見る(クリックで開きます)

口内炎になる原因としては、抗がん剤そのものが口腔内の粘膜に影響をあたえる場合、また抗がん剤によって抵抗力がなくなりそれによって口腔内に雑菌が繁殖して起こる場合があります。
具体的な症状としては、軽度の場合は口腔内の痛み、出血、粘膜が腫れる、口を開けにくい、咀嚼しづらいといったものから、進行するに従って飲食物を飲み込めないほどになったり、味覚に障害をもたらす場合もあります。
予防のためにはとにかく口腔内ケアをしっかりとすること、またすでになってしまった場合には、保湿すること、また氷などで冷やすことなども有効ですがこれを痛みとして感じてしまう場合もあります。また喫煙はこの場合の状態に悪化をもたらす恐れがあるためやめる必要があります。

味や匂いについて

抗がん剤の数ある副作用のなかには、味や匂いを感じにくくなるというものがあります。これらの副作用は意外に知られてしませんが、起こりえるものの一つです。

続きを見る(クリックで開きます)

その原因としては、抗がん剤は癌細胞の増殖を抑える効果があるということに起因します。速いスピードで分裂・増殖する細胞を抑える働きがあるために、人間の身体のなかで普段から早いスピードで分裂しているといわれる味覚・嗅覚細胞にもこの抑制効果があらわれてしまうことによって味や匂いを感じにくくなるという症状があらわれるのです。
また味覚に対して影響がでるのは抗がん剤が口腔内の粘膜にまで効果を発揮してしまい、唾液の分泌が減少してしまったり、抵抗力が弱まるあまり口内炎などの細菌感染症をひきおこすことによって起こる場合もあります。
また嗅覚と味覚は密接に関連しているため、どちらかが起こることによって連鎖的にひきおこされることもあります。
いずれにしても嗅覚・味覚は長い間細胞の成長や修復が阻害されることによって、抗がん剤治療終了後にも回復が見込めなくなる場合が多いため、速やかに医師に相談し対策を練る必要があります。

難聴やめまい,しびれについて

がんの悪化を防ぐためには手術以外の方法として、抗がん剤を用いることがありますが、抗がん剤を使っていると、、難聴やめまい,しびれなどが起こることがあります。

続きを見る(クリックで開きます)

難聴やめまい,しびれなどが起こる原因は、末梢神経の障害により発生するからなのですが、末梢の感覚器の一つに耳があり、内耳のはたらきを抗がん剤が阻害するため、そのような症状が起こりやすくなるのです。
内耳には聴力に関わる部分とバランスに関わる部分があるため、ここに障害が出ると、聴力もバランスも正常ではいられなくなってしまいます。
しびれの症状は人によって違いますが、電気が走るようにピリピリと感じたり、手足の感覚がないように思えたり、ボタンがうまくとめられなかったり、歩くとフワフワした感覚がするするなど、正常とは違う感覚に苦しめられることがあります。
抗がん剤を使っているうちは仕方がないことですが、出来るだけ冷たいものを持つことを避けたり、クーラーの風に直接当たらないようにして、悪化を避けるようにしましょう。

筋肉,関節痛について

最近はコマーシャルが頻繁に行われるようになった婦人科系のがん。そのせいか、乳がんや子宮がんなどの早期発見が行われるようになりました。 けれどその分患者数も増え、抗がん剤治療に苦しむ人も多いと思います。

続きを見る(クリックで開きます)

この治療がなぜ苦しいかというと、その副作用が強いからです。しかも1回の投与では終わりません。
数カ月からひどい人は1年近くも投薬することがあるのです。その度に白血球の減少、吐き気、筋肉,関節痛、倦怠感、しびれなどに苦しめられます。
中でも痛みを伴う筋肉,関節痛は大変辛いものです。その原因はタキサン系の抗がん剤。これらは投薬後すぐには痛みがでず、翌日から4日目くらいの間に現れてきます。
しかも投薬の回数を重ねるごとに症状の発生が速くなったり痛みが増加したりします。
その場合はすぐにお医者さんに症状を訴え、鎮痛剤をもらいましょう。また、あまりにもひどい場合は抗がん剤の量を減らすなどの相談することもできます。
抗がん剤が原因の筋肉,関節痛は、投薬が終われば必ずよくなります。一時の我慢です。鎮痛剤で改善するならばぜひ処方してもらってください。

白血球減少について

抗がん剤治療の中で一番恐ろしい副作用は白血球減少です。
白血球は体内に細菌やウィルスが侵入してきた時にそれらを取り囲んで死滅させてしまう働きをもっています。
ですからこの白血球の数が減ってしまうと外からの細菌の侵入に体の抵抗力がなくなってしまい、ひどい時は感染症を引き起こし、そのまま死にいたる場合もあるのです。しかも白血球が減少しても何の自覚症状もありませんので、よけい恐ろしいのです。

続きを見る(クリックで開きます)

では白血球減少の原因は何なのでしょうか?
それはがん細胞の特徴にあります。抗がん剤は分裂の早い細胞をがん細胞とみなし、攻撃を行う薬です。ですから骨髄等、活発に白血球を生み出しているような場所まで攻撃してしまうのです。そのため白血球が一時的に作られにくくなり、減少してしまうことになります。
脱毛が起こるのも同様の原理からです。
抗がん剤は1度ではなく何回か繰り返して投薬しないと効果がありません。その度に骨髄が抑制され、回復機能は遅くなっていきます。ですから抗がん剤治療中は決して油断せずに、常時マスク、うがい、手洗い、そしてあまり人ごみの中に出ていかない等の対策を講じるようにしてください。

赤血球減少・ヘモグロビン減少

抗がん剤の副作用のひとつとして、赤血球減少・ヘモグロビン減少があります。赤血球の数が少ない状態が貧血ですから、まさに副作用として貧血が起こるのです。

続きを見る(クリックで開きます)

ヘモグロビンは赤血球の主な構成物で、酸素と結合し、身体の隅々にまで酸素を送り届ける働きがあります。このため、赤血球が減少すると身体中が酸素不足の状態になります。酸素がなければ人間の細胞は活動できません。貧血の場合に、だるさや息切れ、呼吸数の増加、動悸、耳鳴り、めまい、思考力低下、頭痛や倦怠感などの症状が起こるのはこのためです。
その原因は抗がん剤の骨髄抑制の副作用によるものです。赤血球は骨髄で造られるため、その働きが抑制されることで赤血球は減少します。
骨髄抑制の効果は投与後一定期間続き、その後に回復するという経過をたどります。抗がん剤治療が一定の間隔(3~4週間ごとに、など)をとって行われるのはこのためです。それでも症状が過度になった場合には輸血(赤血球輸血)が行われることもあります。

消化管穿孔について

抗がん剤を使用して治療していくなかで、比較的よく起こる症状として腹部の不快感や下痢というものがあげられます。
軽度である場合はまだ良いのですが、これが進行すると消化管穿孔にまで発展してしまう場合も考えられます。この消化管穿孔とは、大腸や小腸といった消化管に穴があいてしまう症状のことであり、激しい痛みも伴いますので苦しく、また危険な副作用の一つです。
このため激しい下痢や腹痛を感じた場合、すぐにでも医師に相談することが大切です。速やかな対策が必要となります。

続きを見る(クリックで開きます)

こういった副作用がおきる原因としては、抗がん剤がすさまじい勢いで増殖をつづけるがん細胞を攻撃するという性質の薬剤である以上避けられないものでもあります。つまり人間が生命活動を続けて行く上で各消化器官は栄養吸収をするという欠かせない機能を司っているため、それぞれの細胞の入れ替わりが激しいのです。この為抗がん剤によって各消化器官の細胞も攻撃をうけてしまうのです。
下痢などが引き起こされる原因としては、抗がん剤によって抵抗力がさがり細菌感染を起こしたということも考えられますが、自己判断せずに軽い段階から医師に状態を報告するようにしましょう。

初心者ガイド

ウィッグの準備と時期

通販でよくある質問

サイズとカラーについて

抗がん剤治療について

安心のアフターフォロー

試着は一切費用が発生しません!
無料試着の申し込みはこちら
0120-959-963
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
カウリバナー
メディア掲載実績

無料試着の申込
ご相談はこちらから

0120-959-963
自宅で無料試着について サロンで無料試着について
それ以外