1. 自宅でゆっくり無料試着したい方はこちら
  2. 店舗でウィッグを試着したい方はこちら(八王子店)

自宅またはお店無料試着

Please choose either.

  • 自宅で試せる無料お試し
  • サロンで無料試着

下痢・便秘注意事項

抗がん剤は作用の仕方などにより複数の種類に分かれています。化学物質でがんが増えるのを押さえて、がん細胞を破壊する治療法を「化学療法」と呼びます。
一方がん細胞だけが持つ特徴を分子レベルで捉え、それを標的にした薬である分子標的薬を用いることを「分指標的治療」と言います。
更にがん細胞の増殖に赤割る体内ホルモンを調整してがん細胞が増えるのを押さえるホルモン剤を用いた治療を「ホルモン療法(または内分泌療法)と読んでいます。

続きを見る(クリックで開きます)

 さて抗がん剤を用いると様々な副作用が想定されます。 下痢・便秘
化学療法の影響で腸の粘膜があれて炎症を起こすことがあります。また感染が起こり下痢になることがあります。
対策は消化の良い食事と十分な水分補給です。下痢止めを処方されることがあります。
脱水症状・1日4回以上の激しい下痢、下痢が数日続く、血便が出て痛みが強い、などの症状です。
化学療法の影響が神経に及ぶと腸の動きが鈍ります。そして食事量の低下によって便秘を来します。対策はやはり水分を多めにとること、無理をしない程度に身体を動かしてみることが必要です。
下痢・便秘いずれにしても症状が重く苦痛な時は、速やかに医師に申し出るべきです。”

口内炎の予防策

抗がん剤治療では脱毛や血球の減少など様々な副作用が引き起こされますが、中でも比較的発症頻度の高い副作用の一つに口内炎が挙げられます。
これは、抗がん剤治療による副作用で免疫力が低下し、口腔内の細菌などが増えることで引き起こされる症状です。

続きを見る(クリックで開きます)

口内炎ができてしまった場合は、粘膜を保護するための塗り薬やうがい薬を使ったり抗菌薬などで炎症を抑えますが、普段から炎症を起こさないための予防対策を行うことが一番効果的です。
うがいや歯磨きは最も効果的な対策法の一つで、一日に何度も行い口腔内をいつも清潔な状態にしておくことで炎症などを起こしにくくすることができます。ただ、口腔内を傷つけることのないよう磨き方や歯ブラシの選び方にも注意が必要です。
また、普段の食生活において、酸味や辛味の強い食べ物や、極端に熱いものや冷たいものを避けることで、口内への刺激を最小限に抑えることも有効的です。
抗がん剤による副作用で唾液の分泌量が低下することもあるため、口腔内が乾燥しないように水分をこまめにとったり、市販の口腔ケアスプレーなどを利用して常に口腔内が潤った状態になるように気をつけましょう。

味や匂いがない時

抗がん剤治療は辛いものです。場合によっては長時間の点滴を行い、それをが数日に及ぶこともあります。
それだけではなく、副作用も大変苦しいものです。多くの方が吐き気、発熱、倦怠感、脱毛、しびれなどに悩まされます。
特に辛いのが吐き気です。現在はとてもよい吐き気止めのお薬ができたため、かつてのような「金たらいを抱えて」というようなことはなくなりましたが、それでも1週間から2週間くらいは吐き気に付きまとわれます。

続きを見る(クリックで開きます)

これだけでも物が食べられず、体力がなくなるというのにさらに味覚障害がでて味や匂いが変わってしまうことがあります。水を飲んでも苦かったり、口の中に膜がはってしまったようになったり、塩味が感じられず、何を食べても味気ないような状態が続きます。
味覚障害は時間がたてば治ってくるものなのですが、その時には次の抗がん剤の投薬時になってしまい、また同じことの繰り返しとなります。
これは副作用なのでどうしようもないことなのですが、対策のひとつとして、亜鉛を摂取することがあります。味覚は亜鉛が不足すると障害を起こすからです。
血液検査で亜鉛の量を調べてもらい、少なかったらぜひ一度処方してもらってください。

筋肉,関節痛について

抗がん剤は何が辛いかというと、その副作用です。一番恐ろしいのは白血球の減少。これにより感染症を引き起こし、場合によっては死にいたることもあり得るのです。
その他にもお薬によっていろいろな副作用が出ます。吐き気、倦怠感、しびれ、脱毛など。
その中に筋肉,関節痛が場合があります。

続きを見る(クリックで開きます)

特にパクリタキセルを使用する場合によく起こり、投薬直後に発生することは少なく翌日から3、4日して痛みが出てきます。人によってその激しさは異なりますが、多くの方は骨や関節の中がズーンと痛いような、なんともいえない疼痛に悩まされます。
このような場合、無理をせずにすぐに症状を医師や看護師にお話ししてください。現在はロキソニン等、よい痛みどめたたくさん出ており、痛みの対策としてきちんと処方してくれます。
また、この疼痛のため夜眠れないような場合もあります。その時も誘眠剤や痛みどめがあります。経口剤もありますし、座薬などもよく効きます。 抗がん剤は他の副作用もきついものです。
痛みで眠れなければさらにそれらの副作用も辛くなります。抗がん剤のための筋肉,関節痛なのですから、苦しかったら我慢せずぜひ痛みどめを処方してもらいましょう。

白血球減少は要注意

抗がん剤はがん細胞を主体として攻撃をし、破壊する機能をもつお薬です。
ではどうやってがん細胞と正常な細胞とを見分けるのでしょうか?
それはがん細胞の特徴である、増殖が速いかどうかで見分けています。従って、正常な細胞でも増殖が速いものはがん細胞とみなし、一緒に攻撃してしまうのです。

続きを見る(クリックで開きます)

その中で最も気をつけなくてはならないのが白血球減少です。白血球は外部から体内に侵入した細菌を殺す細胞です。増殖のスピードが早くがん細胞と間違えられてしまうのです。
抗がん剤を投薬直後はまだ体内に白血球はたくさん残っていますが、その命は約1週間ほどです。投薬時には白血球が作られなくなり、体内にあった白血球の数がどんどん減っていき、約1週間ほどで最低となり、その後また作られ増えてきます。
ですから白血球の数が少なくなる時期、投薬後から1、2週間は人ごみの中には行かない、マスクを着用する、うがい、手洗いをしっかり行う、生ものを食べない等の感染症の対策が必要です。
目に見えない白血球の減少は大変怖いものです。この時期に感染症にかかると命にかかわります。 しっかり対策を取るよう、心得ましょう。

赤血球減少・ヘモグロビン減少に関して

抗がん剤治療を行うと、がん細胞を減少させるのと同時に、健康な細胞、組織も攻撃してしまいます。
骨髄細胞に影響が及ぶと、白血球、赤血球、血小板の全てが減少してしまいます。
赤血球減少・ヘモグロビン減少が発生すると(7g/dl以下)、少し動いただけで息が切れたり、動悸が激しくなったり、めまいをおこしやすくなります。

続きを見る(クリックで開きます)

また、全身へ酸素を運ぶ役目のヘモグロビンが減少するので、非常に疲れやすくなります。
怖いのは、突然のたちくらみで転倒をしてしまうことです。対策としては、鉄剤の服用や造血作用のあるビタミン剤の服用が挙げられます。
症状がひどくなってしまった場合には、輸血を行うという手段もあります。現在の輸血用の血液は感染症等の危険はほとんど無くなっていますが、長期間の輸血による、鉄分の臓器への付着には注意しなければなりません。
その辺りは主治医とよく相談し、抗がん剤治療との両立とバランスを図っていくことが大切です。

血小板減少など

現在医学の最終砦と言えると抗がん剤ですが、体に良いものでは有りません。点滴で行う抗がん剤にしろ、薬による分子標的薬も含め体には大きな負担と成ります。
本来人間の体は体内で栄養を取り入れ、またミネラルを含んだ水を取り入れ免疫力を自分で高めて行く、その様な仕組みに成っているのです。

続きを見る(クリックで開きます)

しかし、免疫力低下により、本来癌細胞を自分の力で退治出来たのが出来なく成り、癌細胞が増殖して行くのです。そもそも手術によって何らかの臓器に手を加えた場合、確実に体力と免疫力は低下しているのです。そんな中薬により体内に強い毒を取り入れるのですから、体に負担が無いはずが無いのです。それでも生きる為に、癌と闘う為に、頑張るしか無いのです。副作用として血小板減少が有りますが、その対策として常に血液検査をする事により状態を確認して行きながら様子を見る事です、他にも色々副作用が有りますので日々の生活の中で常に細かく状態の変化をチェックして行きながら、少しでも気に成った事が有れば直ぐにドクターに伝える事が良いでしょう。また出来れば、免疫力の向上も心掛けると良いです。

ビリルビン増加の原因

抗がん剤の副作用の1つでビリルビン増加というものがあります。
血中の赤血球が破壊されたとき生じるビリルビンは通常ならば肝臓で分解され胆管を通過後に腸管に排出されます。健康ならば適量を保つため人体に支障をきたす事はありません。
しかし抗がん剤により肝細胞が破壊され肝臓の機能に異常が起きるとビリルビンが正常に処理されず増加してしまうのです。

続きを見る(クリックで開きます)

ビリルビンが増加すると皮膚や白目が黄色くなる黄疸という症状が現れます。
個人への抗がん剤の摂取適量を算出する時に血中に含まれるビリルビンの量を参考にもしますので癌患者にとって血中に含まれるビリルビンの量は大変重要になっていきます。
また黄疸の症状の他にもビリルビン自体に毒性があり患者への影響が懸念されます。対策としては黄疸の症状が現れたら抗がん剤の摂取量を制限したり場合によっては中止しも検討しなければなりません。
黄疸の症状が現れたら速やかに医師の診断を受けましょう。

初心者ガイド

ウィッグの準備と時期

通販でよくある質問

サイズとカラーについて

抗がん剤治療について

安心のアフターフォロー

試着は一切費用が発生しません!
無料試着の申し込みはこちら
0120-959-963
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
カウリバナー

無料試着の申込
ご相談はこちらから

0120-959-963
自宅で無料試着について 実店舗試着について