1. 自宅でゆっくり無料試着はこちら
  2. 店舗でウィッグを無料試着はこちら
call0120-959-963受付時間 9:00~18:00(平日)
アンベリール >抗がん剤治療の副作用/ページ4

スペース

BUN上昇について

抗がん剤の副作用とは、軽微なものから重篤なものまで多数多用です。
一般的には使われる患者さんの症状の重度で悪い状態ほど、副作用が強くでる傾向にあるとされています。
最近では複数の抗がん剤を同時に使用するケースの場合も多く、さらに続々と新しい作用メカニズムを持った分子標的薬が登場しています。

続きを見る(クリックで開きます)

血液検査でわかる抗がん剤を使用した時に出る副作用は自覚しにくい反面、医師は把握しやすいですが逆に副作用の原因で食欲低下や吐き気といった症状の場合は本人や家族からの報告が必要になります。
BUN上昇では、不要物であるBUNは尿中に排泄されますが抗がん剤によって腎障害が起こると血中のBUN上昇が起こります。
BUN上昇が起こり、気を付けなければならない事は腎組織が高度に破壊されると腎不全となり透析が必要になる場合もありますので、気を付けておかなければいけません。
副作用を起こす原因は個人差もあり、容態などもありますので気を付けておくのが良いでしょう。

心電図異常

抗がん剤の治療において、とても辛いのは副作用です。
その副作用の種類は多く、重いものから軽いものまでさまざまなものがあります。
副作用をなくすことは現代の医療では難しいですが、副作用について知っておくことは治療において大切なことです。

続きを見る(クリックで開きます)

治療を行っていると、心電図異常、という症状が起こることがあります。 期外収縮や頻脈のような軽い不整脈の場合もあれば、命にかかわるほどの重篤な発作の場合もあります。
抗がん剤の併用薬の服用により、不整脈が誘発されることがあります。 もともと心臓の疾患を抱えていたり、不整脈持ちの人は、特に注意が必要です。
これらの心電図異常は、抗がん剤の作用が原因です。 抗がん剤が心臓のイオンを取り込むときに、心臓の働きに影響を与えてしまうのです。
また、低カリウム結晶など、電解質異常により心臓に影響を与えることもあります。
心臓はとても大切な臓器ですので、なにかあったら主治医に相談すると良いでしょう。

ショック・アナフィラキシー様症状について

抗がん剤を使用するとショック・アナフィラキシー様症状が起きる場合があります。
これは抗がん剤だけに限らず、ほかの医薬品(造影剤、解熱消炎鎮痛薬、血液製剤など)などが原因となる場合もあります。
症状としては、のどの痒み、くしゃみ、じんましんというものから腹痛、嘔吐、さらには動悸、息切れ、意識の混濁などを引き起こすこともあります。

続きを見る(クリックで開きます)

特に呼吸器に支障をきたす場合などは大変危険ですので、投与後は直ぐに帰宅することなく病院で経過を見守ることが一般的です。
このショック・アナフィラキシー様症状の出かたとしては、まずじんましんなどの皮膚症状があらわれ、その後嘔吐などの消化器に、そして呼吸器にと順をおって、または同時に複数発生する場合があります。
これらは医薬品に対しておこる過敏反応であり、初めての投与後30分程度で引き起こされる場合があります。また2回目以降の投与でもショック・アナフィラキシー様症状は起こる可能性があるため毎回経過を見守る必要があります。

消化管穿孔に関して

抗がん剤は、体のあらゆるところに副作用をもたらす可能性があります。
しかし、それだけ副作用があるということは、それだけその薬ががんに対して効き目があるということの裏返しでもあります。
陽子線治療などという、副作用の少ない治療法もありますが、これは自由診療となり、まだまだ高額です。
現実的には、抗がん剤なのです。

続きを見る(クリックで開きます)

そんな副作用のひとつとして、消化管穿孔があります。 では、消化管穿孔には、どのような症状があるのでしょうか。
まずは、これを原因とする下痢や腹痛があります。少し進行すると、腹痛が急に増強します。さらに発熱や腹部圧痛、反跳痛といった急性腹膜炎の所見があらわれます。
それに加えて、白血球の高度の増多や減少、CRP値の急上昇が認められます。
では、なぜこの症状が発現するのでしょうか。これは単純に抗がん剤の副作用によるものです。
ただし、これに腫瘍が絡んでくると、複雑になり、悪性リンパ腫などの腫瘍が退縮して生ずる穿孔というのもあります。

ビリルビン増加

ビリルビンというのは耳慣れない用語ですが、ヘモグロビンの構成物であるヘムが分解されてできるもので、黄疸の原因となるものです。痣に見られる黄色もビリルビンによるものです。

続きを見る(クリックで開きます)

異常がない場合、血中に生じたビリルビンは肝臓で処理され、胆汁や尿となって体外へと排出されます。ところが、抗がん剤の作用で肝臓が障害を受けると、この働きが阻害され血中のビリルビン濃度が上昇することがあります。また、胆道がん、膵臓がんなどのがんの場合には胆汁の通り道である胆管が塞がれ、こちらも結果として血中ビリルビン濃度が上昇します。
ビリルビンの血中濃度が高くなると黄疸症状が発現します。ビリルビン自体にも毒性があり、その処理機能が低い新生児の場合には脳にビリルビンがたまることによって様々な神経障害、発作、異常反射、異常眼球運動という回復不能な障害が生じる可能性があります。したがって、ビリルビン増加の原因が抗がん剤であれば、減量・中止も検討しなくてはなりません。

血小板減少に関して

抗がん剤治療を行うと、その抗がん剤の副作用で骨髄抑制が起こってしまします。そうなると、骨髄で作られる白血球、赤血球、血小板が減少してしまいます。

続きを見る(クリックで開きます)

ここでは、血小板減少に関してお話をします。血小板が減少すると、出血しても血が止まりづらくなるという症状が現れます。
数値で表すと、10万(/uL)以下になると、血が止まりにくくなってきます。
5万(/uL)以下になると、歯茎や鼻の粘膜から出血し易くなります。
さらに3万(/uL)以下になると、脳や臓器からの出血が心配になってきます。抗がん剤を投与している間は、原因となる骨髄の抑制が続いた状態なので、造血作用の向上はあまり期待できません。
対策としては、まず、身体をどこかにぶつけないようにする、特に頭を強くぶつける行為は避けてください。対処療法としては、血小板の輸血が最善です。
ただし、頻繁に輸血を行うと抗体ができてしまい、輸血の効果も半減してしまうので、主治医と相談した上で抗がん剤とのバランスを考えながら治療を進めていくことが必要です。

咳嗽、空咳について

抗がん剤副作用の、原因と症状で咳嗽、空咳についてです。
これは、抗がん剤が原因の肺障害の発現の可能性があり、見逃せる症状ではありません。そのため、市販の咳止め等は用いずに、主治医にいち早く相談をすることが必要になります。
また、免疫力が著しく低下するため、咳だけでの判断はできないのです。間質性肺炎等の場合も考えられます。

続きを見る(クリックで開きます)

呼吸困難に陥る場合が殆どですし、治療が困難を極めますので、いち早く主治医にご相談ください。
また、軽減するための措置もありますが、素人判断ではお勧めできません。
治療方法に関しては、主治医が詳しいので、主治医にご相談なさってみては如何でしょうか。
手術で気道を確保する方法等色々あります。酸素吸入等色々有りますが、自己判断では危険です。といっても、苦しい状態で冷静な判断はできないでしょうから、とりあえず病院を受診されてみてください。
ご家族にとってもつらいことだと思いますので、こういった場合は、専門家に頼りましょう。

初心者ガイド

ウィッグの準備と時期

通販でよくある質問

サイズとカラーについて

抗がん剤治療について

安心のアフターフォロー

実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
ご試着いただいたお客様

20,000人が満足回答



自宅で試せるウィッグ
アンベリールなら

最短翌日届いて
すぐ試せます!


ご自宅で気軽に試せて、往復の送料が全て無料「無料お試しサービス」をご用意しております。

誰にも会わずに、ご家族や友人とゆっくりスタイル品質確認をしていただける、安心のサービスです。


試着から返却までの流れ

自宅で宅配無料試着について詳しくは下記ボタンをクリック!

試着について詳しくはこちら