1. 自宅でゆっくり無料試着はこちら
  2. 店舗でウィッグを無料試着はこちら
call0120-959-963受付時間 9:00~18:00(平日)
アンベリール >抗がん剤治療と脱毛/ページ3

スペース

咳嗽、空咳の予防法

抗がん剤治療における副作用の一つに咳嗽、空咳がありますが、これらは発熱や呼吸困難などを伴うことも多く、ときには深刻な肺機能障害を引き起こすこともあるため十分気をつける必要があります。
咳嗽、空咳は風邪と間違いやすく見逃しやすいですが、痰を伴わない咳が長時間続くようであれば、抗がん剤による肺障害発症の前兆の可能性があるといえます。

続きを見る(クリックで開きます)

そのため、気になる場合は市販の咳止めなどを用いるようなことをせず、早めにかかりつけの医師に相談することが大切です。
咳嗽、空咳などの症状を和らげるには、酸素吸入を行ったり薬剤を投与することとなりますが、症状が発症しないよう患者自身で予防対策などをとることも大切です。効果的なのは、正しい呼吸法を身につけたり、リラクゼーションや心理療法を取り入れて気分を落ち着けることです。
また、抗がん剤治療中は免疫力が低下するため、細菌やウイルスなどに感染しやすくなりますので、風邪などにかかって肺に負担をかけることがないよう、栄養価の高い食事をとり免疫力や体力維持を心がけましょう。

間質性肺炎について

抗がん剤の副作用は、軽いものから重いものまでさまざまです。患者さんの状態が悪いほど、副作用が強く出るという傾向もあるようです。
抗がん剤の副作用として、間質性肺炎にかかる人もいます。
間質性肺炎とは、肺の間質部分に起こる炎症で、いったん患ってしまうと治療がとても難しい病気です。

続きを見る(クリックで開きます)

主な症状は、呼吸困難やせきなどです。この病気は、イレッサという薬剤と関連があると言われています。
間質性肺炎の症状が進むスピードは、症状が出てから、生活に支障が出るまでは、通常は数年近くかかりますが、抗がん剤の副作用が原因となる場合は、早い段階で重症化することもある恐ろしい病気です。
そのため、対策としては、空咳や息苦しさなど少しでも異常があれば、すぐに医師に相談をしましょう。
これくらいは大丈夫かもしれない、と自分で判断せずに、いつもと違う症状が出れば、早めに医師に伝えることが重要です。
そのままにしておくと命に危険が及ぶ場合もあるのです。

血清クレアチニン上昇に注意

癌の治療として、抗がん剤の投与はよく知られています。そしてその治療をおこなうことによって、ガンを撃退することができます。そのため、それを投与することで、何人もの人がガンを治療して治すといったことを実施しています。
しかし、それだけガンを治す働きのある抗がん剤は、その威力と共に、副作用もかなりあるのです。

続きを見る(クリックで開きます)

そしてその副作用の中の一つとして、血清クレアチニン上昇があります。血清クレアチニンは血液検査によって、上昇しているか知ることができます。
そして、それが上昇するということは、腎臓の機能が弱っているということにつながります。そのため、血清クレアチニン値は必ず、定期的に調べておく必要があるのです。
その値が上昇したまま、抗がん剤の治療を続けていると、腎臓が壊れて働きを持たなくなる場合もあるためです。そのため、定期的なその血液検査によって、異常値が見られた場合は、抗がん剤治療を一時的に中止するといった対策が取られます。

BUN上昇について

抗がん剤の副作用には、さまざまなものがあります。重篤なものから軽微なものまで種類はありますが、どの副作用も辛いものです。
これらの副作用はコントロールが難しいのが現状です。
副作用の種類をしっかり理解しておくことが、治療においてとても大切なことです。

続きを見る(クリックで開きます)

副作用のひとつとして、BUN上昇という症状が報告されています。BUNは尿素窒素のことですが、腎機能の状態を示す指標のことです。
つまり、BUN上昇とは、腎機能が破壊されて腎不全を引き起こしてしまうという症状です。症状の程度によっては、透析する必要がある場合があります。
原因としては、抗がん剤の腎機能に与える影響があげられます。
BUNを尿中に排出される際に、抗がん剤の作用で腎機能の障害が引き起こると、BUNの濃度が上がってしまうのです。
対策としては、十分な輸液と利尿、尿のアルカリ化を徹底して行うことです。
腎機能が低下してしまうと副作用を抑えるのは難しいですから、可能な限り予防に力を注いでいきたいところです。

心電図異常に注意

癌の治療として最もよく知られているものとして、抗がん剤があります。
その抗がん剤は、ガンの治療として必要なものですが、必ず副作用も見られます。副作用は、人によってその違いがあり、ある人は副作用が軽かったり、ある人はとても重かったりします。そしてその副作用を放置していると、体に異常な変化が見られるため、それが見られるようになると、要注意が必要となります。

続きを見る(クリックで開きます)

髪の毛が抜けたりするものは放置していてもそれほど、体の中には影響はないのですが、体に直接影響が見られる副作用については、敏感に対処することが必要なのです。
そしてその副作用として最も注意しなければならないものとしては、心電図異常が挙げられます。心電図は定期的におこなう検査です。その検査で、異常が見られた場合は、すぐに対応することが大切です。
それは、それをおいておくと、命の危険があるためです。そしてその対策としては、医師にその異常内容について診断をしてもらい、内服薬や点滴でその異常について、治療をおこなうこととなります。

ショック・アナフィラキシー様症状について

ショック・アナフィラキシー様症状は、全身性で重度で急激に起こるアレルギー反応です。
食べ物によってや、蜂に刺された時などに起こることがよく知られています。しかし、抗がん剤での治療によってもショック・アナフィラキシー様症状は起こるケースがあり、十分な対策を取ることが大切です。
抗がん剤によるショック・アナフィラキシー様症状は、投薬治療後に見られます。血圧が下がり、呼吸困難になったりしますが、重症の場合は意識不明にないり死に至る場合もあります。
症状が見られた場合は、速やかに救急車を呼び、処置を施す必要性があります。

続きを見る(クリックで開きます)

抗がん剤を使用している患者さんの場合、アナフィラキシー様症状の対策として有効なものがあります。
それは、病院での抗がん剤治療の後は、すぐに病院を出ずにしばらく様子を見ながら、院内に留まっておくことです。万が一病院内で症状が出た場合は、すぐに注射薬を打ってもらい症状緩和をすることができますので、安心することができます。

消化管穿孔について

抗がん剤は、がん治療においては主要な治療方法のひとつですが、それに伴う副作用も広く知られています。 髪の毛が抜けたりする、倦怠感がある、吐き気がするというのは、代表的な副作用ですよね。
こういった分かりやすい副作用であればいいのですが、中には分かりにくい副作用というのもあります。
そのひとつに、消化管穿孔というのがあります。抗がん剤の副作用として発症する消化管穿孔の場合、その多くは小腸に発生します。 まれに結腸にも発症します。

続きを見る(クリックで開きます)

では、この消化管穿孔を事前に何か対策は打てないものなのでしょうか。事前に予兆を察知することが、何よりの対策となることでしょう。
消化管の穿孔の場合には、先行して下痢や腹痛があることが多いのです。その際に、腹部単純X線写真で小腸のガス像と鏡面像が認められます。 さらに、腹部CT検査では、大腸を含む腸管の拡張が認められるのです。
これを早期に発見して気づくことが、何よりのとなるのです。

咳嗽、空咳について

癌を患い抗がん剤での治療を受けている方も多いことでしょう。抗がん剤は副作用も多種多様で、その中には副作用とは思わずに、違う病気の症状と勘違いしてしまうものもあります。
咳嗽、空咳もそんな抗がん剤の副作用のひとつで、風邪などの症状と間違われるケースもあります。抗がん剤の副作用による咳嗽、空咳には、特徴があるので見分けやすくなっています。

続きを見る(クリックで開きます)

それは、風邪の場合の咳とは違い、痰が出ないで長い間空咳が続くものです。
癌治療の副作用による咳嗽、空咳には、その背後に肺障害が隠されている場合もあります。自己判断で市販の咳止め薬やのど飴で、その場しのぎの対処を取ることにないように、気をつけたい症状です。
対策としては、なかなか咳が止まらずに、胸苦しい感じが続くようなら、担当医師にその旨を伝えることです。
風邪とは明らかに違う咳症状ですので、自分でも早目に感知しやすい副作用でもあります。癌治療中は些細な体の変化も見逃さないようにしましょう。

初心者ガイド

ウィッグの準備と時期

通販でよくある質問

サイズとカラーについて

抗がん剤治療について

安心のアフターフォロー

実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
ご試着いただいたお客様

20,000人が満足回答



自宅で試せるウィッグ
アンベリールなら

最短翌日届いて
すぐ試せます!


ご自宅で気軽に試せて、往復の送料が全て無料「無料お試しサービス」をご用意しております。

誰にも会わずに、ご家族や友人とゆっくりスタイル品質確認をしていただける、安心のサービスです。


試着から返却までの流れ

自宅で宅配無料試着について詳しくは下記ボタンをクリック!

試着について詳しくはこちら