1. 自宅でゆっくり無料試着はこちら
  2. 店舗でウィッグを無料試着はこちら
call0120-959-963受付時間 9:00~18:00(平日)
アンベリール >抗がん剤治療と脱毛4

スペース

間質性肺炎について

抗がん剤というのは、もちろんがんに対して効果の高い治療法ではあります。
しかし、どんな薬にも必ずあるものとして、副作用があります。
その副作用のひとつとして報告されているのが、間質性肺炎です。

続きを見る(クリックで開きます)

では、この副作用に対して、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。事前に抗がん剤による間質性肺炎を予測することは、現在のところ不可能です。そのため、早期発見をすることが何より重要なことです。
早期発見のためには、臨床症状によく注意することが何より重要です。特に、胸部X線撮影を定期的に実施するのは、対策としてもきわめて有効ですね。
薬剤性の肺障害が疑われた場合には、対策としては、抗がん剤の投与を即座に中止することです。それと同時にCT画像を確認します。その上で、薬剤の投与の必要があればBALやTBLBに検査を進めましょう。
時に確定診断を待たずに、ステロイド剤を投与する必要もありますが、それには見極めが肝心となるのです。

血清クレアチニン上昇の見逃し

抗がん剤の中には、肝臓や腎臓の機能を損なうものがあります。
特に気をつけなければならないのは内臓疾患を伴う症状です。
腎機能障害の診断に使われる血清クレアチニン上昇は、自覚症状に乏しいことでも知られています。腎臓の濾過機能が低下すると血液中のクレアチニンの数値が上がるので、早急な対策が必要になります。

続きを見る(クリックで開きます)

抗がん剤の副作用が重篤な状態に陥るのを防ぐためには、より体に合った抗がん剤に切り替えるなどの思い切った措置が必要でしょう。
癌細胞の増殖を抑えても、健康な細胞がそれ以上にダメージを受けてしまいますと回復には厳しい状況になるからです。
健康な腎臓が尿として排出していたクレアチニンが血液中に残ると、強い倦怠感と吐き気を訴え、下痢に悩まされることになります。
このような症状が出ているということは、腎不全を引き起こしている可能性が強いでしょう。
一時的に人口透析が必要になるケースもあります。そうなると患者さんにとって、生活のクオリティが著しく低下してしまうことになりかねません。

BUN上昇について

抗がん剤には、まだまだ複数の副作用が起こる可能性があります。
中には大変重く危険な副作用もあり、その症状を良く知っておくことが、未然に症状の重症化を防ぐ鍵になります。
そして、対策を練って早期完治に繋げましょう。
よく見られる抗がん剤の副作用のひとつに、尿素・尿素窒素BUN上昇があります。

続きを見る(クリックで開きます)

普通は体内に排泄される尿素窒素BUNですが、抗がん剤の使用によって、それが速やかに行われなくなる場合がでてきます。
抗がん剤によって腎障害が起こり、腎機能が低下してしまう結果になります。腎機能が低下して、血中のBUN上昇してしまい、重症化してしまうと、透析が必要になりケースもあります。
BUN上昇を防ぐための対策としては、血液検査でBUN値を調べ、早目の処置を心がけることです。担当医との信頼を築いて、少しの体調不調でも気軽に相談することが大事です。
安心して癌治療を続行するためにも、BUN値の上昇も副作用のひとつということを知り、重症化する前に未然に防ぐようにしましょう。

心電図異常の症状例

抗がん剤は、ガン治療における化学療法の代表的なもので、患者に投与することでガン細胞の分裂を抑える働きを持ちます。
抗がん剤の仕組みには、おもにガン細胞の成長因子を阻害することで、たちまち死滅へと追いやる構造になっています。
こうした、ガン細胞の分裂に効果がある一方、正常の細胞にも働きかけるため、これが副作用と呼ばれているものになります。

続きを見る(クリックで開きます)

副作用には、赤血球や白血球の減少に代表される血液系のものや、肝臓に含まれる酵素が過剰に増えるなど、数多くの症状が存在します。その中には、心電図異常をきたすものもあり、命の危険性に関与されるものとして注意を払う必要があります。
心電図異常をきたす要因には、心臓が有するカリウムイオンの取り込みを妨害することで、低カリウム血症を誘発した結果、不整脈などにおちいることが挙げられます。
この低カリウム血症は、特に腎臓や消化器官からの欠如が著しいため、下痢や排尿のトラブルを抱えた症状が見られます。対策には、抗がん剤の投与を一時的に辞めると同時に、併発させる物質の特定などがあります。

ショック・アナフィラキシー様症状について

日本人の3人1人が、生涯のうちに癌になると言われるほど、大変に身近で誰でもが罹る可能性のある病気が癌です。
初期での発見であれば生存率の確立も高くなり、副作用の少ない新しい抗がん剤も開発されています。
しかし、どのような薬であれ多少の副作用は避けられず、抗がん剤も同様です。抗がん剤の副作用のひとつに、ショック・アナフィラキシー様症状を挙げることができます。

続きを見る(クリックで開きます)

ショック・アナフィラキシー様症状は、抗がん剤を投与されてすぐに発生するのが特徴です。その症状は往々にして大変危険な状態となり、すぐに正しい処置をとらないと、命にもかかわる重い副作用症状のひとつです。
ショック・アナフィラキシー様症状の対策としては、病院での薬の投与後、しばらく時間を取って様子を見ることです。
病院内で症状が見られた場合は、速やかに対処することができますので、安心できる対策と言えます。
また、一度投与後に何もなかったからと言って、その後も安心できるものではありません。毎回、薬投与後は気をつけることが大事です。

消化管穿孔について

抗がん剤には様々な種類があり、副作用が少なく患者さんの体への負担を最小限に抑える薬も、日進月歩で開発販売されています。
しかし、なかにはやはり強い抗がん剤もあり、免疫力が弱った患者さんの体に、不本意な作用が及んでしまうことも残念ながら多々あるのが現実です。
消化管穿孔は、そんな抗がん剤の使用によって見られる副作用症状のひとつです。

続きを見る(クリックで開きます)

薬の服用で胃腸に不快感が現れるのはよくあることですが、消化管穿孔はそんな症状の中でも重い副作用症状になります。
消化管穿孔は、小腸に穴が開いてしまい、腹痛や便通異常が見られます。腸が腹腔内に漏出してしまい、汎発性腹膜炎となるという、危険な副作用です。
対策としては、抗がん剤の使用によって、腹部に不快感や便通異常を自覚した時点で、速やかに医師に相談することです。なるべく早く対処をすることで、危険は避けることが可能です。
放置しておくと、死へも繋がる副作用でもあるので、胃腸の異常を感じた場合は、早めに医療機関に行きましょう。

初心者ガイド

ウィッグの準備と時期

通販でよくある質問

サイズとカラーについて

抗がん剤治療について

安心のアフターフォロー

初めての医療用かつら不安ではありませんか?

実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
ご試着いただいたお客様

20,000人が満足回答



自宅で試せるウィッグ
アンベリールなら

最短翌日届いて
すぐ試せます!


ご自宅で気軽に試せて、往復の送料が全て無料「無料お試しサービス」をご用意しております。

誰にも会わずに、ご家族や友人とゆっくりスタイル品質確認をしていただける、安心のサービスです。


試着から返却までの流れ

自宅で宅配無料試着について詳しくは下記ボタンをクリック!

試着について詳しくはこちら