• カテゴリ:未分類

医療用ウィッグは抗がん剤を開始してからいつまで必要?卒業までの流れとは

医療用ウィッグは抗がん剤を開始してからいつまで必要?卒業までの流れとは
抗がん剤治療を開始すると、多くの人が脱毛で悩みを抱えます。
脱毛期間は人によって異なりますが、抗がん剤を開始してから地毛が生えそろい、納得できる髪の長さになるまでは、気が遠くなるほど長く感じる人もいるでしょう。医療用ウィッグは、抗がん剤による脱毛期間中、自分の好きな髪質やヘアスタイルで過ごすことができ、精神的な負担を軽減してくれるアイテムです。
医療用ウィッグを購入するときは、抗がん剤を開始してから、いつまで医療用ウィッグが必要になるのかを知ることが大切です。

抗がん剤開始の脱毛期間はいつまで?

抗がん剤を始めると、1週間から3週間程度の間で、脱毛が始まるといわれています。髪の毛のもとである「毛母細胞」は細胞分裂が活発なため、抗がん剤の影響を受けやすいのです。
なかには、抗がん剤を開始しても脱毛しない人もいますが、徐々に髪の量が少なくなることが多くあります。抗がん剤を終了すると毛根は再生し始めますが、一時的とはいえ、脱毛に悩む人は多いことでしょう。
ですが、抗がん剤を経験した人の多くが、抗がん剤終了から約半年で髪が生え始めています。髪の毛は、1か月に1cmペースで伸びるといわれていますので、ヘアスタイルとして生えそろうのは、1年から2年が必要だといえます。
抗がん剤治療による一時的な脱毛は、医療用ウィッグでヘアスタイルをカバーする人が多く、好みのヘアスタイルになるまで使用する人が多い傾向です。人によって脱毛期間は異なりますが、脱毛からショートヘアまでは1年半から2年と考えておくと良いでしょう。
医療用ウィッグは抗がん剤を開始してからいつまで必要?卒業までの流れとは

医療用ウィッグ卒業は地毛が伸びるまで

医療用ウィッグは、髪の毛が生えそろい、自分で納得できるヘアスタイルとなったら、医療用ウィッグを卒業です。はじめに生え出す髪の毛は、産毛です。産毛は、少しの摩擦で擦り切れてしまうこともあるので、頭皮を洗うときやタオルで拭くときは、丁寧に行ってください。
地毛が伸び出すと、ウィッグのサイズが変わってくることがあります。毛量によって、ウィッグのサイズが変わるため、頭周りのサイズ調整のできるウィッグを選ぶようにしましょう。
なお、生え始めた毛髪は、今までの自分の髪質と異なることがあり、驚く人も多いようです。ストレートの髪質がくせ毛になったり、今までなかった白髪が生えたりすることがあります。髪質が変わったからといって、生え始めの髪の毛にストレートパーマやヘアカラーなど、髪を傷める行為は避けてください。医療用ウィッグを使用しつつ、髪が伸び、強い地毛になれば、ヘアスタイルを楽しめるため、医療用ウィッグは卒業できるでしょう。

医療用ウィッグ卒業するまでの注意点

医療用ウィッグを卒業するまでの期間は、髪の伸び方にもよりますが、1年から2年かかると考えておいてください。髪を伸ばしている期間は、丈夫な髪を生やし、大切に伸ばすことを心掛けましょう。
なお、医療用ウィッグの寿命は、大切に扱えば2年ほど使用できるでしょう。買い替えの前に医療用ウィッグを卒業できたら、嬉しいですよね。抗がん剤治療が終わり、髪の毛が生え出したら、髪へのダメージは避けるようにしましょう。

頭皮を清潔にしながら髪を伸ばす

髪の毛の成長を促進するなら、頭皮を常に清潔にしておくことが大切です。
長時間、医療用ウィッグをつけていると、汗やムレによって頭皮の環境が悪くなってしまいます。とくに髪の生え始めは、新陳代謝が活発であるため、毎日頭皮の汚れを落とし、皮脂の分泌物などの汚れがたまらないよう、清潔を保つよう心掛けましょう。
また、脱毛した頭皮は傷がつきやすい状態です。爪を立てず、指の腹で頭皮をやさしくマッサージするように洗うと、綺麗に洗え、毛根の刺激にもなるのでおすすめです。弱酸性で刺激の少ないシャンプーを選び、トリートメントをするときは、毛先だけにつけ、毛根付近に汚れがたまらないようにしておきましょう。

熱風のドライヤーは控える

髪を乾かす時、脱毛後の髪質は傷みやすいため、熱風のドライヤーは大敵です。タオルを押し当て、髪の水分を取るようにしましょう。
ドライヤーを使用する時は、冷風や弱風でドライヤーを離して使用すると、髪へのダメージを最小限に抑えられます。 なお、ブラッシングでは、頭皮に傷がつかないよう、目の粗いブラシや、ブラシの先に丸いピンがついた柔らかいブラシがおすすめです。地毛が伸び出したら、絡まないよう丁寧にブラッシングをしておきましょう。

医療用ウィッグのサイズ調整をする

髪が伸び始めると髪が増え、医療用ウィッグのサイズが変わってきます。医療用ウィッグの購入先によっては、サイズ調整を無料で行っている場合があります。医療用ウィッグの購入時に確認しておきましょう。
また、人によって異なりますが、後頭部から発毛し、頭頂部の発毛が遅いケースもあるようです。

抗がん剤を始める前に医療用ウィッグを購入する?

医療用ウィッグは、抗がん剤治療の開始前に購入するのがおすすめです。抗がん剤治療を始めると、体調を崩しやすくなってしまい、余裕をもって選べなくなってしまうことがあります。
医療用ウィッグには、さまざまな種類があり、価格もそれぞれ異なります。脱毛したときの精神的な負担を少しでも軽減するためにも、ぜひ抗がん剤治療前に、医療用ウィッグを確認し購入準備をはじめましょう。
医療用ウィッグは抗がん剤を開始してからいつまで必要?卒業までの流れとは

医療用ウィッグの種類と費用

医療用ウィッグには、人毛・ミックス毛・人工毛の3種類が一般的です。価格の目安や特徴は以下のとおりです。ぜひ参考にしてみてください。
髪質の種類 特徴 価格(目安)
人工毛 ・低価格
・素材によって熱の強弱がある
・スタイリングが必要ない
50,000円~
ミックス毛 ・自然で馴染みやすい
・ヘアスタイルのキープ力がある
・ドライヤーができる
100,000円~
人毛 ・価格が高い
・100%人の髪を使用
・見た目や髪質が自然
・熱に強い
150,000円~
自然な髪質にこだわるなら人毛がおすすめですが、価格が高く毎日のお手入れやスタイリングが欠かせません。価格で迷ったらミックス毛が良いでしょう。ミックス毛は、人毛と人工毛の良いとこ取りをしているので、自然な髪質でありながら、お手入れが簡単でスタイリングも簡単です。

既製品とオーダー品で納期が異なる

医療用ウィッグには、既製品とオーダー品、セミオーダー品があります。

●既製品:すでにできあがっているウィッグ
●セミオーダー品:部分的に好みに仕上げられる
●オーダー品:髪質や髪色など自由に選べる

既製品ならすぐに届き使用できますが、オーダー品はウィッグの毛を植える土台から制作するため、納期まで1か月以上かかることがあります。抗がん剤治療が始まってから発注すると、脱毛が始まってもお手元に届かないことがあります。セミオーダー品は、土台はできており、ヘアスタイルを好みにアレンジできるので、一週間ほどでお手元に届きます。
医療用ウィッグは、抗がん剤による脱毛の精神的不安を軽減させてくれるアイテムです。そのため、医療用ウィッグの購入は、抗がん剤を開始する前の体力がある時期に、検討しましょう。
自己負担の予算や助成金の活用で、自分好みのヘアスタイルの医療用ウィッグを手に入れ、抗がん剤治療を乗り切ってください。

抗がん剤による脱毛は医療用ウィッグで自分好みのヘアスタイルに

抗がん剤治療で脱毛する期間は、人それぞれですが、1年から2年を目安に、大切に髪の毛を伸ばしていきましょう。既製品やオーダー品、髪質など様々な種類がある医療用ウィッグは、抗がん剤治療を始める前に準備しておくことがおすすめです。
自治体によっては、助成金制度があります。制度を活用し、予算と相談しながら脱毛期間を乗り切るためにも、納得できる医療用ウィッグを探しましょう。購入先によっては、医療用ウィッグのサイズ直しもしてくれるので、事前に確認しておくと、地毛が生えてきたときにも安心ですよ。