がん治療とウィッグ

がん治療をする前に行っておきたいこと

近年のがん治療の状況を見てみると一年間でがんに罹患する人の数はおおよそ100万人です。そのうちのおおよそ3割強の方が仕事をしながらがん治療をしていると言われています。その背景には日本でのがん医療の進歩があります。治療の方法が少しずつ確立されてきたことや薬などの改善が進んできたことから入院せずに治療を行うことも可能になってきたのです。
当然のことながら、病気の治療というものはできるだけ長期の入院などをせず社会とのつながりを保ったまま行う方が好ましいでしょう。社会とのつながりがあることは自身の自己肯定感の確立や経済的な面での利点が大きいからです。国全体としても閣議決定として働く世代や小児へのがん対策を重点的に取り組むべき課題として挙げています。
社会人にとって就労というのは非常に大きな事柄です。残念ながら現行ではがんに対する理解は十分とは言えず、がん治療に対する理解が進んでいない職場も多くあります。

 

いまだがんの治療に対する理解は十分とは言えない

がんの治療において外見的な変化が起こってしまうことに対する理解も十分とは言えないでしょう。がん治療はその治療の特性、上外見への影響が多くあります。手術で患部を取り除いた場合、体の一部分がなくなり手術のあとが残ってしまうことになります。また化学治療;の場合、細胞の分裂を抑制させることによって、頭髪やまつげ、眉毛など体の中でも比較的細胞分裂が活発である体毛や爪などに変化が起こります。放射線治療の場合、皮膚や商社部位の毛髪に変化が現れることになります。

 

治療中の外見に対するケア

こうした治療中の外見に対して近年では大きく変化が起こっています。それはアピアランスケアと呼ばれているケアです。アピアランスケアの目的は、それまで行ってきた社会活動を変わりなく行うことができるようにするために、できるだけ治療を行う前と外見に変化がないようにするためのケアです。具体的には頭髪の脱毛には医療用ウィッグを利用する。眉毛に関しては脱毛前に少しずつ短めに整えておき、脱毛後には眉を描く。まつ毛に関しては、アイシャドウやフレームの大きいメガネなどで対応することができます。

 

治療を始める前から医療用ウィッグを探し始める

外見に自信が持てれば、それまでと変わらず社会的活動を行うことができます。社会的な繋がりが保てるということは、精神的な負担も少なくなり治療中であっても治療前とほとんど変わらない生活を送ることができます。
その中で早めに準備しておかなければならないものは医療用ウィッグです。医療用ウィッグはアピアランスケアの中で最も費用が最もかかり、そして自身にあったものを見つけ出すのに時間がかかります。そのため、実際に放射線治療を行う前から自分にあった医療用ウィッグを探し始めることが重要なのです。

 

 

タグ

カテゴリ一覧へ

詳しくはこちら