がん治療とウィッグ

医療用かつらを購入する際に知っておいた方がいい医療費のこと

サムネイル

d病気の治療には医療費がかかります。現在の日本の制度の場合、医療費は原則3割負担となっています。病院を利用するときには医療費はどこまでなのか、また高額医療費の問題について考えることもあるでしょう。

がん治療の場合には、特にその医療費の制度についてあらかじめ考えておく必要があります。というのは、がん治療は通院しての費用以外に薬代や入院費、そのたの費用などがかかるからです。 まず、きちんと分けておかなければならないのは3割負担になる医療費、所得税に対する医療費控除、そして高額医療費に対する払い戻しです。 ここできちんと自分で手続きをしなければ損してしまう可能性のあるものとして、医療費控除と高額医療費の申請があります。

所得税に対する医療費控除

医療費控除は所得税の対象に対する控除です。確定申告をする年の1月1日から12月31日に支払った医療関連費用から生命保険で支払われた給付金や健康保険で支払われた高額療養費や出産一時金など、そして10万円を引いたものです。 医療費-(生命保険の保険金や健康保険の給付金)-(高額療養費)-10万円=医療費控除 所得税の計算をするときに、この金額が差し引かれます。そのため、医療控除がないときと比較すると所得税での支払いが軽減されます。 会社員の場合には天引きされている所得税の還付が、個人事業主の場合には確定申告の際に反映することで支払う所得税を軽減することができます。

高額医療費を支払ったときに

高額な医療費を支払った場合には、自己負担限度額を超えた金額を、一旦支払いをした後に払い戻しを受けることができます。 自己負担限度額は、所得によってことなりますが、同一月内に支払った医療費の自己負担額が一定の金額を超えたときにあとで払い戻されるというシステムです。 この自己負担限度額が適応された月が3か月を超えるとその自己負担限度額が引き下げられるシステムになっています。

医療用かつらには一般的にそうした費用が適用されないことが多い

これらの医療費に関するシステムというのは、必要不可欠な医療費に関してしか適応されません。そのため、医療用のかつらに関しては適応されないというのが一般的なルールです。しかし、場合によっては適応が認められたという事例もあるようなので必ず担当の医師の方に確認をするようにしましょう。 また、軽減や税制という形ではなく、自治体によっては医療用かつらを利用した場合に補助金が給付されることもあります。医療費は家計にとって決して安くない費用が必要になります。がん治療を行う際には必ず自治体や病院などで、その費用について調べるようにしましょう。 また医療用かつらの費用などに関しても必ず自治体に問い合わせを

タグ

カテゴリ一覧へ