がん治療とウィッグ

不安の多いがんのアピアランスケア、ウィッグに関するご相談なら

サムネイル

病気に対するケアにはさまざまなものがあります。直接病気の原因を取り除く方法、その病気によって発生したものを緩和する方法、そして病気によって変化した日常生活をできるだけ病気前と変わらないようにする方法です。
がん治療の場合、病気の根源であるがん細胞を取り除く治療、がんによる痛みを投薬などで軽減する方法、そしてがんによって発生した外見的な変化などに対してのケアを行うというものです。一般的に原因を取り除く方法や、病気による痛みに対する緩和などは広く知られていますが、日常生活への変化の緩和についてはまだまだきちんと理解されているとは言えません。

現在ではまだ認知の薄い外見に関するケア

そうした治療のひとつとしてアピアランスケア(appearance cere)というものがあります。アピアランスとは外見や容姿などのことであり、がん治療に起因する外見の変化に対して、患者が日常生活を変わりなく行えるようにケアをすることです。
がん治療により患者に発生する可能性がある変化として、脱も、肌の色調の変化、肌の湿疹、爪などの変化、また手術を行ったときには手術痕や部分欠損などが起こることもあります。

外見の変化に対する戸惑いが、社会生活に悪影響を及ぼすことも

外見の変化というのはたいていの場合、何らかの社会生活に影響を及ぼすはずです。抗がん剤治療で毛髪が抜け落ちてしまったり、がんの摘出手術で体の一部を切除したりすることもあります。そうした外見の変化に対して多くの人は周りの人からどう思われるかということについて思い悩むはずです。場合によってはそこまでの外見の変化が発生するのであればがん治療をあきらめようと考えることもあるかもしれません。
現在ではがん治療の一環としてそうしたアピアランスケアを取り入れることもあります。例えば皮膚の色の変化であれば皮膚科や形成外科の治療と連動したり、また化粧品や人口乳房、エピテーゼなどを利用したりすることもあります。また毛髪の場合、医療用ウィッグを利用することもあります。

高額になりがちなアピアランスケアに応えるために

そうしたアピアランスケアについては現在の医療制度では、その費用を自費で行わなければならないという難点もあります。がん治療自体に高額な治療費がかかったうえ、そうしたアピアランスケアにおいても費用が掛かるということでは不安になられる方も多くいらっしゃるはずです。
そうした不安を解決するためにアンベリールでは医療用ウィッグを極力安価で提供できるよう尽力しております。
自宅にいながらの無料試着や購入とレンタルから選択できるシステム、そしてアフターケアなど不安の多いがん治療において少しでも安心して治療に迎えるような暖かいサービスを行っております。医療用ウィッグに関するご相談ならお気軽にアンベリールへ。

タグ

カテゴリ一覧へ