ウィッグ基礎知識

医療用ウィッグの選び方

医療用ウィッグは色々なメーカーや商品の種類があるので、なかなか納得のいくものが見つからないという方も多いと思います。
値段や見た目重視で適当に選んでしまうと、後から「このウィッグは私には合わないかも・・・」と感じて後悔してしまうかもしれません。
今回はそのように後悔しないウィッグ選びをするための大切なポイントや、注意事項について詳しくご紹介したいと思います。

後悔しない医療用ウィッグを選ぶポイント

試着をする

試着をすると、「髪の毛が自然に見えるか」「着け心地は違和感ないか」など実際に確認する事が出来るのでおすすめです。
脱毛を経て自髪が回復するまでの1年半~2年着用する事を目安に、脱毛が進んだ時のことを想定してウィッグを選ぶ必要があります。
試着した時にはピッタリでも、1か月2ヶ月経った時に脱毛がさらに進んでウィッグが緩くなってしまうケースもあるので、必ず脱毛が進んだ時を想定した試着を行いましょう。

また、ウィッグを着用した時に外見や着け心地に違和感が無いかなど、細かい点までチェックしておくことも大切です。「生え際や髪の毛のボリュームが不自然な感じになっていないか」、「自髪の性質とウィッグに違いがないか」など自分で鏡をみて納得するだけでなく、家族や店員さんからの意見も取り入れながら選ぶと失敗しないウィッグ選びを行う事が出来ます。

アンベリールでは95種類以上の医療用ウィッグの中から、好きなものを2点お選びいただき、ご自宅でゆっくりとご試着いただけます。

医師や看護師、美容師に相談する

治療をしてくださっている医師や看護師、ウィッグ専門の知識を持つ美容師さんなどに医療用ウィッグについての不安や悩みを相談するのは良い方法です。
実際に試着をしてみても、「着け心地が良いのか悪いのか分からない」、「しっくりくるウィッグがなかなか見つからない」「このウィッグの品質は良いのだろうか」。
このように不安や疑問を感じておられる方は少なくありませんが、専門の知識を持つウィッグ関係者に相談するとインターネットなどからは得られない細かい情報なども得る事が出来、一人一人に合った納得のいくウィッグを選ぶ事が出来るよう導いてもらえます。

ウィッグが自分に似合っているかという点に関しても、素人の目線からではなく美容師さんから意見を求める方がより自然な違和感のないウィッグを選ぶ事が出来、おすすめです。

サービスの充実度の確認

医療用ウィッグの品質や価格、見た目などは多くの方がきちんと確認されますが、サービスの充実度は結構見落としがちなポイントです。
ウィッグ購入後に、「髪型を変えたい」「髪質が変わって、ウィッグに違和感が出てきた」など問題が発生した時に、サービスが充実していないメーカーや販売店で購入していると対応が難しくなるからです。

購入を検討しているウィッグのメーカーや販売店が、ウィッグに関して問題が発生した時にもしっかりと対応してくれるサービスを行なっているか、必ず確認しておくようにしましょう。
アンベリールでは自宅で試せる無料試着サービスや、スタイルオーダーの無料アレンジ、専属スタイリストによるウィッグのカットなどサービスを実施しています。

人気・評判の確認

それぞれの店舗の公式ページで公開されている、サービス内容や医療用ウィッグの特徴などに目を惹かれて魅力的に思う場合があるかもしれません。
でも、公式ページだけでなく口コミによって人気度や評判の確認をしておくのは賢明な事です。

サービスが充実していても店員さんの対応が悪かったり、ウィッグの値段が安くても品質に大きな問題があったりと、デメリットを抱えている場合があるからです。
多くの人の口コミを見てみると、良い意見だけでなく「こんな点に困った」などデメリットに関しても書かれていて、メーカーや商品についてよく理解した上で購入を検討する事が出来るので安心です。

じっくり時間をかけることは大切

医療用ウィッグは日本中に数えきれないほど販売されています。
「このウィッグが良い!」と思っても、もっと自分の条件にピッタリなウィッグがあるかもしれません。
なので即決でウィッグを購入しようとするのではなく、失敗しないウィッグ選びをするために出来るだけ多くの時間をかけて他の商品と比較をしながら、購入するようにしましょう。じっくり時間をかけることでいつか必ず自分にピッタリのウィッグを見つける事が出来ます。

まとめ

今回は後悔しない医療用ウィッグを選ぶ方法についてご紹介させていただきました。
ウィッグを選ぶときは、以下の点を忘れないようにしましょう。
・試着をする
・医師や看護師、美容師に相談する
・サービスの充実度の確認をする
・人気、評判の確認をする

時間をかけてじっくりと選ぶ事で、あなたにピッタリな後悔しないウィッグを見つける事が出来ます。
焦らず、先のことも考えて丁寧に医療用ウィッグを選ぶ事に致しましょう。

タグ

カテゴリ一覧へ

詳しくはこちら