ウィッグ基礎知識

医療用とファッション用の違い

サムネイル

ウィッグには医療用とファッション用の2種類があります。
2つのウィッグを比べてみると、値段が圧倒的に安いファッション用のウィッグを魅力的に感じられるかもしれません。
でも、この2つは「使用目的」「髪質」「ヘアスタイルカラー」などに関して全く異なる特徴を持っています。

一人一人が自分の目的に合ったウィッグを選ぶために、医療用ウィッグとファッション用ウィッグの違いを理解しておくのは賢明です。

使用目的の違い

医療用ウィッグは病気や怪我による脱毛をカバーするために使用されます。何らかの原因で以前よりも髪の毛のボリュームが無くなってしまい、仕事や外出などの際に以前と変わらず、普段通りに生活できるようにするために作られています。
医療用という言葉からも分かるように、医療用ウィッグは脱毛の治療期間中に使用されるため、長時間にわたってウィッグを着けていられるよう着け心地や機能性、品質にこだわっています。

一方でファッション用ウィッグは主にイメージチェンジやオシャレなどを目的として作られています。そのため、自分の髪では出来ないようなヘアースタイルや一般的にもあまり見られない珍しい髪型まで様々な種類が揃っています。
ファッション用はただオシャレを楽しむためだけに作られているので、髪質やフィット感よりも価格重視で安く手に入れる事が出来るのが特徴です。

外見の違い

髪質

医療用ウィッグは人毛(薬剤未使用)と人工毛を使用しているため、外見はウィッグを着けていることが分からない程、本当に自然な仕上がりとなります。
ドライヤーなどで熱を加えても問題なく、コテやアイロンなどでヘアースタイルを変えたりすることも可能です。医療用ウィッグはファッション用と比べて耐久性も高く、髪の毛が傷みにくいという特徴もあります。

一方ファッション用ウィッグは人工的に作られた髪の毛を使用しており、熱に弱いのでドライヤーやコテ、アイロンなどは厳禁です。医療用ウィッグとは違い、ファッション用ウィッグは非常にお手頃な価格で手に入れる事が出来ますが、その分髪質が少し劣ってしまいまいテカリが強く出てしまいます。耐久性も医療用と比べると弱く、一度傷んでしまうと元に戻すことが出来ません。
ファッション用ウィッグの中には薬剤を使用した人毛を使用しているものもあり、こちらは人工毛よりも自然な仕上がりになります。

つむじ

医療用ウィッグは、どこから見ても自然な仕上がりに見えるよう一本一本、髪の毛の流れや立ち上がりを計算して作られています。そのため、ウィッグとは思えないほどの自然な分け目を再現できるので、在職中の方には特にお薦めです。

一方でファッション用ウィッグは機械で植毛しているため、髪の毛が一方向に向いてしまい、自然な髪の流れを出すのが難しいと言えます。イメージチェンジやオシャレのために利用されることが多いため、自分の好きなイメージに合った分け目を再現する事が難しくなります。

ヘアスタイル&カラー

医療用ウィッグは、「普段どのような髪形をしていることが多いか」「髪の毛に関してなにか悩みが無いか」といったことを聞きながら専門の技術をもったスタイリストが、お客様一人一人に合ったカットやヘアアレンジをしてもらえます。
アンベリールでは、女性が脱毛によって自信を失ってしまうことなく、普段通り活き活きとして髪の毛に悩まずに生活できるように一生懸命サポート致します。

一方でファンション用ウィッグに関しては数多くある既存のスタイルやカラーの中から自分のイメージに合ったものを選ぶ形式となりますので、購入後にカットやヘアアレンジを行う事は出来ません。洋服などに合わせて複数のウィッグを購入したり、顔や頭の輪郭によって似合う似合わないというウィッグが出てきてしまうこともあるので、試着などをしてよく納得した上で購入されることをお勧めします。

自分の目的に合ったウィッグを選ぼう

医療用ウィッグとファッション用ウィッグは使用目的が違うため、特化した部分や利用方法がそれぞれ違います。
治療の関係でウィッグが必要になった時、価格のことばかり考えてしまい「ファッション用ウィッグでいいや」と考えてしまう方もおられるかもしれません。でも、ファッション用ウィッグは医療用ウィッグと比べて髪質や着け心地、肌への配慮などの面で問題が発生してしまうリスクが高く、治療期間のウィッグと考えるとお薦めできません。
必ず自分の目的と合ったウィッグを選ぶように致しましょう。
アンベリールでは29800円~94800円のお手頃な価格で医療用ウィッグを販売しております。出来るだけ安く、品質の高いウィッグを購入したいという方は、是非ご利用いただけましたら嬉しく思います。

まとめ

医療用ウィッグは、病気や怪我等による脱毛症状が出ておられる方が治療期間使用されるために作られており、ファッション用ウィッグはイメージチェンジやオシャレを楽しむために作られています。
その他、髪質やつむじ、ヘアスタイルカラーなどもそれぞれ特徴が異なります。
自分の目的に合ったウィッグを選ぶ事が出来るよう、2つの特徴をしっかりと捉えて後悔しないウィッグをお選びいただく事をお勧めいたします。

タグ

カテゴリ一覧へ