ウィッグ基礎知識

医療用ウィッグの抜け毛について vol.1 購入直後の抜け毛

サムネイル

医療用ウィッグを利用していると抜け毛が発生することがあります。人間の髪の毛の場合にも抜け毛が起こりますが、これは毛母細胞の持っているサイクルのことが多く、一定の期間が経過することによって、髪の毛が抜けて同じ毛根から新しい髪の毛が生えてくるのです。毛母細胞の生え変わりのサイクルに異常が発生している場合には薄毛の原因となることもありますが、通常の場合には同じ場所にきちんと髪の毛が生えてくるため問題はないでしょう。

 

ウィッグは一度髪の毛が抜けると生えてこない

ウィッグの場合には代謝がないため、抜けた髪の毛が再び自然に生えてくるということはありません。抜ければ抜けた分だけ髪の毛が少なくなってしまいます。ここでは、そうしたウィッグの抜け毛の原因とそれに対してどのように対処を行っていけばいいかということについて、抜け毛のタイミングに合わせて説明していきます。

 

購入直後の抜け毛についてのチェック

ウィッグを購入して、開封したタイミングで非常に多くの抜けている髪の毛が目に付くことがあります。こうした抜け毛の原因というのは大きく分けて二種類考えられます。ひとつはウィッグを植え込むラバー素材やネットにきちんと髪の毛が植え込まれていないケースです。
工場などで製造されている場合にこうした抜け毛は発生しやすく、製造の過程で必要な深さまできちんと植毛できていないことがその原因として挙げられます。こうした抜け毛が見つかった場合にはきちんとその場でウィッグの植毛状態を確認するようにしましょう。
あまりに毛が束になって抜けている場合には、使用しているときに不自然な外観になることもありえます。それが通常の抜け毛なのか、使用に耐えうる状態なのかということを製造側に確認するようにしましょう。

 

カットによって切った髪の毛が付着しているということも

購入直後に多くの抜け毛が見つかったにも関わらず、ウィッグ本体を確認してみても、まとまった毛束が抜けた形跡が見つからないこともあります。こうした場合には抜け毛ではない可能性が高いです。
ウィッグを製造する段階で、ある程度長いスタイルでウィッグを製造し、そのウィッグを完成後にカットして製品として完成させていることがあります。
こうした製造方法の場合にはカットしたのちのブラッシングが十分でなかったことが原因として考えられます。
通常私たちが、髪の毛を整えるときに、美容院に行った際に、カットの直後のブラッシングやシャンプーがきちんとされていないと、しばらくして多くの髪の毛がパラパラと落ちてきてしまうことがあります。それと同じ状態なのです。
ウィッグの毛髪が根元から抜けているかどうかはある程度目視で確認することができます。またブラッシングをしてみて、本体に特に毛束が抜けた形跡がないときには、カットの際に付着した毛先の可能性が高いです。ただし、あまりにそうした髪の毛が多い場合には不良品の可能性もあります。心配な場合には製造元に確認するようにしましょう。

タグ

カテゴリ一覧へ