ウィッグ基礎知識

医療用ウィッグを安くお求めいただくために

サムネイル

病気をすると非常に治療費がかさみます。日本では保険制度がきちんと普及しているため、一定額が社会保険料で賄われますが、それでもその金額は決して安いものではありません。かつては1割負担だった金額が3割負担となり、病院に長期で入院することになると入院費を含めて非常に高い金額となるでしょう。
治療に関するものについては保険が適用されますが、入院中の食費などは実費で支払うことになります。社会人であれば、その会社のシステムによってさまざまかもしれませんが、治療費による出費の面だけでなく、長期間仕事から離れることによる収入の面でも経済的な心配は絶えません。

 

少しずつ理解が深まってきたアピアランスケア

特に治療が長引くものに関しては、更にそうした心配は大きくなるかもしれません。例えばがん治療の場合、その闘病期間は年単位になることもあります。化学療法などで投薬をしながら二年ほど治療しながら生活するということもあるでしょう。
現在では治療をしながら支障なく生活をしているためにアピアランスケアというものも盛んになってきています。
アピアランスというのは英語で外見のことです。がんの治療をしているときには、その治療法によっては外見に大きな変化が出てしまうこともあります。最もよく知られているのは頭髪の脱毛でしょう。がん細胞の増殖を軽減するために、細胞分裂を抑制する薬を投与することがあります。そうした場合には外見の変化からショックを受けて外出しなくなってしまったり、また他人の目線が気になるため今までの生活が続けにくいということもあります。そうした外面的な変化に対してケアを行うのがアピアランスケアです。

 

以前は非常に高額だった医療用ウィッグ

一般的にあまり知られていないかもしれませんが、そうしたがんの治療中には医療用かつらと言って、特に治療中のデリケートな皮膚に対応したかつらもあります。
かつてはそうしたかつらというのはオーダーメイドの場合には50万近く、また既製品だとしても10万円以上はするというのが通常の価格でした。しかし、現在では企業努力などからそこまで高額ではなく医療用かつらを利用できるようになってきました。また自治体によってはそうしたアピアランスケアに対して補助金が給付される自治体もあります。

 

必要な経費を極限まで抑えたことにより医療用ウィッグを低価格でご提供

弊社アンベリールでは広告費や店舗運営費などを限界まで抑えることでオーダーメイドのかつらと同品質の医療用かつらを市場価格の三分の一以下の価格でご提供しています。「治療に費用が掛かるから、できるだけ出費は抑えたい」とお考えの際にはアンベリールにご相談ください。

 

 

タグ

カテゴリ一覧へ