ウィッグ基礎知識

身に着けたもので皮膚に悪影響が出るのは

サムネイル

身に着けるものというのはその素材によって装着者に影響を及ぼします。例えばアクセサリーの場合、含まれている金属によって金属アレルギーが発生することがあります。金属アレルギーは汗などの水分によって溶け出した金属のイオンが皮膚に付着することによって起こるアレルギー反応です。わたしたちの体には抗体というものがあります。抗体は本来わたしたち人間の体が外的な要因から身を守るためにできたものです。そのため、その物質が
有害なものであっても、無害なものであっても、一旦抗体が敵だとみなしたものに対しては体が自然に抵抗を行うのです。

 

多くのアレルギーや皮膚病などは後天的な理由から発生する

アレルギーは、抗体の過剰な反応であるため、後天的に体に取り入れられたものが、アレルギーの原因物質となってしまうことも良くあります。ハチの毒によって起こる抗体の過剰反応として有名なアナフラキシーショックも、ハチの毒を一度体内に取り入れたことによって、体がその毒に対して過剰な反応をしてしまうことによって発生する現象です。アレルギーはいつ発生するか分からないものです。そのため、あるとき突然アレルギーが発生してしまうこともあります。

 

医療用ウィッグは本来アレルギーなどが発生しないように気を付けて作られている

医療用ウィッグというのはアクセサリーなどと同様に非常に長い時間体に着け続けるものになります。医療用ウィッグの目的は病気やけがなどで毛髪に異常が発生したときに、その外見的な損失を他人に見られないように身に着けるものです。そのため、外出するときには常に身に着けたままということになります。医療用ウィッグがアレルギー源ということになれば常に医療用ウィッグを身に着けることができなくなってしまいます。そのため、製造の段階で長時間の使用にも耐えられるよう、アレルギーや汚れなどによって皮膚に影響がでないようにさまざまな工夫がこらされているのです。

 

定期的な清掃が着用者の皮膚の健康を守ることにもなる

また、着用者もその着用に際しては注意が必要になります。通常の生活をしていても、汚れたものをそのままにしておくと皮膚病などが発生することがあります。皮膚に直接そして外気からも直接さらされる医療用ウィッグであれば当然のことでしょう。
医療用ウィッグは清潔に扱わなければなりません。外出したあとなどには定期的にシャンプーなどですすぎ、またすすいだシャンプーカスが残らないようにしなければなりません。
医療用ウィッグはそれ自体はアレルギーなどの皮膚への影響が出にくいようにできています。きちんとしたケアをすることによって、清潔な状態に保つことによって、頭皮などの健康が保たれるのです。

タグ

カテゴリ一覧へ