ウィッグ基礎知識

医療用のかつらの素材はどのように作られているのか

医療用のかつらの素材として、人毛と人工毛があります。人毛は人間の髪の毛で作られたものであり、誰かの髪の毛を切り取ったものです。日本の医療用かつらの材料は、同じアジア人である、中国やインド、ミャンマーなどから輸入されています。
医療用の髪の毛というのはヘアドネーションと呼ばれる寄付によって賄われています。
日本国内で行われるヘアドネーションは非常に件数が少なく、また対応してくれる美容室も少ないのが現実です。実際に国内で賄われる医療用かつらのための髪の毛というのは、寄付しようと意図的に伸ばしたものであり、医療用かつらに強い関心を持った人が行っています。

 

人工毛にはどのような特徴があるのか

人毛で作られる医療用ウィッグの特徴としては何よりも自然であることがあります。人工的に作られた素材の医療用ウィッグは合成繊維でできています。医療用かつらとして使われる合成繊維は当然耐性などを含めて使用に十分足る素材です。しかし、人工的に作ったものであるため、やはりわずかながら違和感があることは否めません。
また医療用かつらはその性質上非常に長い時間装着することになります。外観を優先するのか、耐熱性を優先するのか、それとも耐水性や吸水性を優先するのかによって使用する素材が変わってきます。

 

人毛で作られたかつらの特徴は

一方で人毛を利用したかつらを利用する場合には、その素材が髪の毛であるため、頭髪に問題が発生する前に比較的近い感覚で髪の毛を扱うことができます。
工業生産できる人口毛の髪の毛とは異なり、人毛の場合にはその素材の確保に限りがあります。そのため価格が高価になりがちなことがあります。また、バージンヘアやレミーヘアを利用した場合には、その髪の毛によって個人差が大きく特徴が出ることになります。

 

海外では女性の髪の毛が買い取られていることがある

海外では、髪の毛を売ることがひとつのビジネスとして成立している地域もあります。先に挙げた中国やインド、ミャンマーなどでは髪の毛を売るというのはひとつのビジネスであり、町の市場などで普通に髪の毛を売っている光景も見られます。特にミャンマーの女性は伝統的にパーマや毛染めなどをしないため、バージンヘアとして多くの国のかつら製造の際に利用されています。
そのような髪の毛の売買は貧困層の女性の生活を支えるひとつの手段となっているのです。

タグ

カテゴリ一覧へ

詳しくはこちら